長野県<整骨院の労災治療>労災認定のコツ 長野県<整骨院の労災治療>労災認定のコツ
長野県 労災指定整骨院/労災保険治療 労災認定のコツ
痛みが生じた理由がはっきりしているほど、労災の認定が受けやすくなります。痛みが生じるきっかけがあって、後で症状が悪化した場合は、初めのきっかけが労災事故の負傷原因になります。
長野県<整骨院の労災治療>痛みが生じた動作を確定させる あれっ!と思った動作が原因です。
長野県<整骨院の労災治療>労災認定をする
例えば、ぎっくり腰の場合

何気ない動作で腰がギクッとして、座る動作で症状が悪化してしまうのが一般的です。ギクッとしたり、あれっ!と思った動作が負傷原因になります。

もし、以前から腰痛があったとしても、仕事中の動作で腰痛が悪化した場合は、症状が元の状態に戻るまで、労災保険を使って治療ができます。



※原因となった動作がはっきりしない場合は、柔道整復師にご相談ください。どんな姿勢をとったときに痛みを感じるかを調べ、負傷原因を確定します。
長野県<整骨院の労災治療>痛みが生じた時間をはっきりさせる 座る動作で腰痛は悪化します!
長野県<整骨院の労災治療>痛みがでた時が仕事が原因
椎間板は座る姿勢で負担が多くなるので、椎間板を傷めたギックリ腰は、座っていると症状が悪化します。

最悪のケースでは、座る動作の連続で椎間板がつぶれて、椎間板ヘルニアになってしまうこともありますが、座ったことを負傷原因にすると、労災認定が下りません。

椎間板は外力がかかってつぶれるものですが、初めの負傷原因を説明できないと、自然につぶれたものとして扱われてしまいます。


後々、治療に時間とお金がかかってしまい、労災保険に切り替えようとしたが労災認定がされない、といったことがないように、仕事中に痛みが生じたら、労災指定整骨院にご相談ください。
長野県<整骨院の労災治療>整骨院で治療する柔道整復師は外傷治療のプロです。
長野県<整骨院の労災治療>労災認定をする
外傷には様々なものがありますが、介達性外力によるものがあります。身体の一部分にかかった負担が、負担を吸収できない離れた部分に外傷を引き起こすのです。

ギックリ腰や椎間板ヘルニアはその典型です。

柔道整復師なら、介達性外力による外傷の発生機序を説明してくれます。

仕事中に始まった痛みは、できる限り早い時期に労災認定が下りるように申請することをお勧めします。
長野県<整骨院の労災治療>労災を会社に認めてもらう 当院で労災の申請用紙を作成しますので、会社に提出してください。
長野県<整骨院の労災治療>労災認定をする
整骨院の治療科目は骨折、脱臼、打撲、捻挫、筋損傷です(骨折、脱臼の治療は医師の同意が必要です。ただし、応急処置に関してはこの限りではありません)。

整骨院で外傷性の疾患として判断された痛みで、原因が仕事中の行為であれば、労災認定が受けられます。

当院で、負傷理由を下書きしたた労災の申請書をお渡ししますので、会社に提出してください。