長野県 労災保険治療 労災保険の手続き 長野県 労災保険治療 労災保険の手続き
長野県 労災指定整骨院/労災保険治療 労災保険の手続き
労災保険の申請書に労働番号を記入してもらい、労災指定整骨院に提出します。労災指定整骨院なら整骨院から直接、労働基準監督署に治療費の請求ができますので、患者様の負担がありません。※労災保険の対象外の治療費や鍼治療の材料費は患者様の負担になります。
長野県 労災保険治療 労災保険の申請書を作成します 初診時に下書きした申請書をお渡しします。
長野県 労災保険治療 労災保険の手続きのしかた
労災保険の申請書は2種類ありますが、当院では両方とも常時用意してあります。診察時点で労災保険が適用されると判断した場合は、下書きした申請書と会社への説明文をお渡しします。

1.会社に提出して、労働番号を記入し、社印を押してもらいます。

2.ご本人が、柔道整復師の委任状欄と負傷の発生原因記入欄に記入します。


※発生原因は、診察時の患者様の訴えに負傷箇所を加え、診察を担当した先生が下書きします。
※労働災害発生の事実を確認した者の職名と氏名は、報告した上司の名前を記入していただきます。

記入方法はこちら>>>

長野県 労災保険治療 当院の窓口へ提出してください 当院から労働基準監督署に提出します。
長野県 労災保険治療 整骨院での労災保険の手続きのしかた
当院は労災指定整骨院のため、当院の窓口に労災の申請書を提出するだけで労災保険の手続きは終了します。当院で作成した申請書であれば、問題なく労災認定が下ります。

○労災認定が下りる前に健康保険を使った場合

通院時にいただいていた、保険治療の一時負担金を返金します。その後、該当部位の治療費を、労働基準監督署経由で厚生労働省に請求します。


○当院が、健康保険の請求をした後の変更

通院時にいただいていた、保険治療の一時負担金を返金します。当院が健康保険に対して行っていた保険請求を停止します。もし、当院へ保険金が支払われた後の場合は、健康保険に保険金を返金します。その後、該当部位の治療費を労働基準監督署経由で厚生労働省に請求します。後になるほど大変になるので、早めに手続きをしましょう。